手頃な値段で誰でも使いやすい!プエルトガレラへの行き方 vol.02|シーカットバス(SI-KATバス)利用

シーカットバス(SI-KAT Tourist Bus)利用でプエルトガレラへ
マニラからプエルトガレラへ行くには、バスとバンカーボートを乗り継いで行く必要があります。今回はバスとバンカーボートがまとめて購入できて、バスには添乗員さんも着いて来てくれる、SI-KATバスを利用する行き方をご紹介します!手頃なお値段でわかり易くプエルトガレラに行ける方法です。

こんな方におすすめ
・初めてのプエルトガレラだけど、手頃にわかり易く行きたい方。
・シティステイトタワーホテルはもちろん、エルミタ地区に前日宿泊される方におすすめ。
・ローカルバスを使用するよりもスムーズに移動できるので、時間が気になる方にも。

【チケット購入場所&出発地】
出発地:シティステイト タワー ホテル(Citystate Tower Hotel)/マニラ エルミタ地区
チケット購入場所:ホテル1Fのツアーカウンター
集合時間:AM8:00


参考URL
http://www.sikatferrybus.com/

【経路】
バス(添乗員付き):マニラ〜バタンガス
バンカーボート:バタンガス〜プエルトガレラ各港

【所要時間】
バス:約2時間
バンカーボート:約1時間(各港)

【費用】
大人:片道 800php/往復 1,600php
子ども:片道 400php/往復 800php

シティステイト タワー ホテル1Fのホテルフロントを奥に進むと、ツアーカウンターがあります。「SI-KATバス」と言えばすぐにわかると思います。 自分の名前や行き先を伝え、チケットの購入を行います。当日・前日でもSI-KATバスチケットの購入が可能です。

バタンガス港までのバス・プエルトガレラ各港までのバンカーボートがまとめて購入できるので、初めての方も安心です。両チケットは購入時にまとめて渡してくれるので、無くさないように管理しておきます。

バスはシティステイト タワー ホテル正面に止まっています。乗車できるようになるまでは涼しいホテルのロビーで待つことが可能です。また、大きな荷物がある方はバス下部の荷物入れへ入れることが可能です。

乗車して出発時間になると添乗員さんが人数確認・あいさつをしてくれます。明るいフィリピン人女性の添乗員さんのことが多いです!わからないことがあればバスの中でお尋ねください。

マニラからバタンガス港まで約2時間ほど。バタンガス港に到着したら、バスの添乗員さんがターミナルまで案内してくれます。

SI-KATバスがバタンガス港入り口についた様子
※SI-KATバスはローカルバスとは違う場所に到着します。 ※SI-KATバスはローカルバスとは違う場所に到着します。
添乗員さんと一緒に通路を抜けてチケットカウンターへ
通路にはおみやげ屋さんが並びます。 通路にはおみやげ屋さんが並びます。
バタンガス名産!パヌッチャ
パヌッチャとは?ピーナッツを黒砂糖で丸く固めたフィリピン名物です。 パヌッチャとは?ピーナッツを黒砂糖で丸く固めたフィリピンのスイーツです。(写真下段の右)ローカル価格よりは高い値段を言われてしまいますが、ディスカウントにチャレンジしてみて下さい!

バスを降りた途端に荷物持ちのポーターが声をかけて来ることが多いですが、必要の無い方はしっかりと断りましょう。

続きはこちらから
バタンガスからプエルトガレラへの行き方|大型バンカーボート利用

プエルトガレラ.comを応援する!

12345 (5 投票, 評価の平均: 4.80)
Loading...Loading...
※この記事がお役に立てたら評価をお願いします。★を選択することで簡単に評価できます。
プエルトガレラ.com

プエルトガレラ.com

プエルトガレラ.comの運営を行っています。フィリピン・プエルトガレラの情報をお届けします。
初めての方もリピーターの方にもお役に立てる旅行情報を発信していきます!

プエルトガレラ.comの記事をピックアップ!
  • 番外編!フィリピンのパラワン諸島・ブスアンガ島/コロンのダイビング旅行情報です。ジュゴンとダイビングも!
  • マニラ国際空港ターミナル3に歩行者用横断歩道ができました!かんたんに空港向かいのニューポートシティに渡れます。
  • プエルトガレラからボラカイへ周遊トラベルが可能に!水上セスナ利用でボラカイへ直行。2017年6月1日スタート!
  • ※プエルトガレラ.comのすべてのコンテンツは、掲載した時点での情報を元に作成しております。 ホテル・お店の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。 また、掲載日以降に予告なく変更する場合もございますので、あらかじめご了承ください。