【お知らせ】バタンガス〜サバンビーチ航路における、一部プライベートボートが運航停止となりました。

昨年のパブリックフェリーの廃止に続き、バタンガス〜サバンビーチ間の一部プライベートボートの運航が廃止となりました。

2019年7月1日から、今まで運行されていた「ルソン島・バタンガス郊外のベルベラベ・シムロン〜プエルトガレラの各リゾート&最寄りの桟橋」へ直接着岸していたプライベートボートが、当局からの命令で運航出来なくなることが決まりました。

今回、プライベート運航が禁止とされるのは、写真のように船体が木製アウトリガー付きのフィリピンの伝統的なバンカーボートということです。ファイバー製の船体を持つスピードボートのプライベート運行予定に問題はない様です。

ただし、この件によってご注意です。今後サバンビーチやビッグ&スモールララグーナビーチのホテルに宿泊する、旅行会社ツアーやダイビングショップツアーなどのお客様は、旅程の変更、旅費の値上がりなどに繋がる可能性が予測されます。

ツアーの予定があるのだけど…

プライベートボートの代替手段としては、バタンガス港からムリエ港またはバラテロ港行きの「パブリックフェリー」を利用する方法があります。

この方法だと、順調に到着してもバタンガス港での待ち時間や、島内移動などを考えると、プライベート送迎よりも1~2時間のロスが出ることになります。当初のタイムスケジュールが変更になる可能性が高いので、時間ロスの想定をして余裕のあるスケジュールに組み直しておくのがおすすめです。

また、もう一つの代替案としては「各リゾート所有のスピードボート」で行う、ルソン島とプエルトガレラリゾート間のプライベート送迎です。この場合、旅行代理店さんや泊まるリゾートによって対応が異なる可能性がありますね。

以下では、7月以降の対応としてリゾートによるプライベート送迎運行が決定しているので安心です。

ツアー会社
・ユーツアー
・クラブアズール
・ホワイトベアー
・スクーバーワールド
・マリンジャック

現地リゾート
・Lalaguna Villas (ララグーナ ヴィラス)

※このほかの旅行代理店・ツアー会社・リゾートに関しては、情報がありませんので、事前のご確認をおすすめします!

これから便利なプライベートボート送迎はなくなるの?

スモールララグーナ地区においては、いくつかのリゾートが共同スピードボートを運航する計画もあるようです。ただし、ガソリン消費の多いスピードボートでの航行は、今までより高い料金設定になることが予想されます。

もし共同スピードボートが運行決定した場合は、今までのプライベートボートよりも料金は高くなりますが、移動時間の短縮はされます。渋滞がない場合は、マニラ空港からリゾートまで最短2時間半〜くらいで到着出来るようになる日も来るかもしれません。決定告知がされた場合は、またお知らせしますね!

7月以降にツアー利用にてお越しの予定がある方は、旅程変更などの通知があるかもしれませんので、事前にご確認を!

プエルトガレラ.comを応援する!

12345 (1 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...
※この記事がお役に立てたら評価をお願いします。★を選択することで簡単に評価できます。
Ken(栗原 健)

Ken(栗原 健)

ラグジュアリーダイブリゾート&スパ Lalaguna Villas 日本代理店「LLVジャパン」現地駐在インストラクター

2009年に初めてプエルトガレラをリサーチで訪れて以来、マニラ空港からのダイビングパッケージの開催・旅行会社からの日本人ダイバーの受け入れ・ダイビングショップツアーのコーディネートなどを行っている。Lalaguna Villasの宿泊とダイビングは「LLVジャパン」を通して日本語で予約すれば、 現地滞在期間中のトラブル時の対応や、アフターダイビングの相談なども親切にアドバイスしてもらえるので心強い。

Ken(栗原 健)の記事をピックアップ!
  • 【お知らせ】バタンガス〜サバンビーチ航路における、一部プライベートボートが運航停止となりました。
  • サバンビーチのミニマート「Castillo’s Store カステリオ」に深夜も利用できる両替所ができました!
  • 【2018年版】バタンガスからプエルトガレラへの行き方|最新フェリー情報
  • ※プエルトガレラ.comのすべてのコンテンツは、掲載した時点での情報を元に作成しております。 ホテル・お店の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。 また、掲載日以降に予告なく変更する場合もございますので、あらかじめご了承ください。