知る人ぞ知る!スモール&ビッグタビナイ・ビーチをご紹介。フィリピンのローカルな地引き網の様子も。

サバンやホワイトビーチのような観光客の多い華やかなエリアも良いのですが、たまには誰もいない静かなビーチはいかがですか?プエルトガレラの「スモールタビナイ/ビッグタビナイ・ビーチ」をご紹介します。
タビナイ・ビーチ(Tabinay Beach)方面への行き方
ムリエ港からプエルトガレラのスーパーマーケット方向へ進み、マーケットを更に南へと向かいます。ムリエ港からは歩いて20分ぐらい、トライシクルを利用しても1人当たり約10ペソで行けちゃいます。ミンドロ島の東側へ面した、知る人ぞ知るプライベート感満載のエリアです。
スモールタビナイ・ビーチ(Small Tabinay Beach)
岬から見たプエルトガレラのスモールタビナイ・ビーチ まずは「スモールタビナイ・ビーチ」の紹介です。ここには観光客はあまり見当たらず、ビーチ沿いのホテルに長期滞在をしている人が少しいる程度なんです。白い砂と小砂利のビーチで波も静か。のーんびりと泳ぐのにおすすめです。

ミンドロ島の東に位置していますので水平線からの日の出。さらに月の出を見ることができるんです。わたしは、ここで月の出というものを生まれて初めて見ました、これは本当に感動モノです。

プエルトガレラの地引き網の様子 しばらく滞在していると、朝・夕・夜と地元の人が地引き網を行っているのを良く見かけます。大概は小魚ばかりで、地元の人たちで分けておしまい!ということが多いようですが、たまにアオリイカなどの大物も捕れたりしています。BBQや自炊をして滞在する人は、魚が捕れたその場で買い取ることも可能です。
ビッグタビナイ・ビーチ(Big Tabinay Beach)
プエルトガレラのビッグタビナイ・ビーチ もうちょっと頑張って岬をひとつ超えれば「ビッグタビナイ・ビーチ」へ行くことができます。ここまで来ると本当に、誰もいないビーチになります。

プエルトガレラのビッグタビナイ・ビーチの側 このビッグタビナイ付近は近所の子供たちがいたり居なかったする程度の人の少なさ。幅4メートルぐらいの川が流れ込んでいて、淡水での水遊びも可能です。わずかですが生ぬるい温泉が湧いている場所もあります。

ここタビナイエリアにも結構な数のホタルがいます。蛍の光はなぜか癒されますね。住むにはとても良い所ですよ。本当は教えたくない!?スモール&ビッグタビナイ・ビーチのご紹介でした。
タビナイ・ビーチ(Tabinay Beach)
SPECIAL THANKS!

Kさん

運営者もよく知らない超ローカルな情報を送ってくださいました〜!どうもありがとうございます!

プエルトガレラ.comを応援する!

12345 (3 投票, 評価の平均: 4.67)
Loading...
※この記事がお役に立てたら評価をお願いします。★を選択することで簡単に評価できます。
ゲストライター -Guest Writers-

ゲストライター -Guest Writers-

プエルトガレラ.comを盛り上げてくれるゲストライターの皆さんです。読者のみなさまに、プエルトガレラ旅行の楽しみ方のヒントをご提供します!旅の思い出や海の生き物の事など、なんでもOK!
ゲストライター募集中です!

ゲストライター -Guest Writers-の記事をピックアップ!
  • 青い海でワイドにサンゴにマクロと、多彩なシチュエーションが楽しめるプエルトガレラのダイビング
  • 移動だけではもったいない?ムリエ港〜サバンビーチの移動中に、バンカーボートから見える水上からの景色。
  • 初めてのSI-KATバスでプエルトガレラ一人旅!マニラ空港ターミナル3のカプセルホテル「The Wings」にも宿泊。
  • ※プエルトガレラ.comのすべてのコンテンツは、掲載した時点での情報を元に作成しております。 ホテル・お店の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。 また、掲載日以降に予告なく変更する場合もございますので、あらかじめご了承ください。