世界が広がった。ミンドロ島の先住民族マンギャン族の子供たちとの出逢い。

こんにちは!矢北拓也です!お久しぶりの更新となってしまいました。
今回はプエルトガレラのあるミンドロ島。この島の先住民族マンギャン族の子供たちとの出逢いをお伝えしようと思います。

フィリピンには数多くの先住民族が暮らしており、一説には全島で1200万人に達するとも言われています。部族の種類も100を越えるそうです。

その中のひとつがマンギャン族。言葉はもちろん識字率はほぼゼロということ。プエルトガレラでは少し山に入って行くだけで彼らの生活を垣間見ることができます。

自分の中の世界が広がった。ミンドロ島の先住民族マンギャン族の子供達との出逢い 英語もタガログ語も通じないことが多いので大人たちとは「Hi」程度のコミュニケーションしかとれませんが、子供たちは興味津々に近づいて来てくれます。

手を振ったり、笑いかけてきたり。物珍しくこちらの様子を伺ってきたりします。

自分の中の世界が広がった。ミンドロ島の先住民族マンギャン族の子供達との出逢い 僕は日本に生まれて当たり前のように毎日満腹になるまでご飯を食べて、しっかり教育を受けてのほほんと育ってきましたが、世界には同じ人間でも様々な一生があるんだなと強く感じました。

実際に子供たちを目の当たりにしたときの空気感や目の力強さ、肌で感じる生命力。マンギャン族の知識は多少なりともあったけど、からだで感じる情報量は段違いでした。

自分の中の世界が広がった。ミンドロ島の先住民族マンギャン族の子供達との出逢い ぐーーっと自分の中の世界の広がりを感じた、忘れられない出逢いの連続でした。

世界は広いです。
是非、皆さんの目で見て感じて欲しいです!

華やかなリゾートや様々な文化があふれるこの土地への興味の第一歩がこのプエルトガレラ.comであるように、これからも記事の更新頑張ります!ぜひチェックしてくださいね☆

プエルトガレラ.comを応援する!

12345 (6 投票, 評価の平均: 4.17)
Loading...Loading...
※この記事がお役に立てたら評価をお願いします。★を選択することで簡単に評価できます。
矢北 拓也 -Takuya Yakita-

矢北 拓也 -Takuya Yakita-

日本写真専門学校を卒業後、小笠原〜プエルトガレラへ。現在は静岡県東伊豆「城ヶ崎インディーズ」にてインストラクターとして働きながらフォトグラファーとして活動中。「どこかで誰かがほっと一息。」そんな美しい地球と海の写真を生み出していきたいです。

矢北 拓也 -Takuya Yakita-の記事をピックアップ!
  • 世界が広がった。ミンドロ島の先住民族マンギャン族の子供たちとの出逢い。
  • ワイドにマクロにドリフト!はたまたレックやテクニカル!プエルトガレラで様々なダイビングスタイルを楽しもう!
  • まず、見せたい景色。|プエルトガレラでは思わず息をのむほど美しい夕日に出逢えます。
  • ※プエルトガレラ.comのすべてのコンテンツは、掲載した時点での情報を元に作成しております。 ホテル・お店の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。 また、掲載日以降に予告なく変更する場合もございますので、あらかじめご了承ください。