プエルトガレラでフィリピンらしいおみやげを。フィリピンの調味料、バゴーン!!魚醤油を使用した塩辛の様な調味料。

マニラには寄らずにプエルトガレラに直行して、帰りもまっすぐ空港へ!なんて方も多いと思います。田舎のプエルトガレラにもフィリピンらしいおみやげはたくさんあります。名前にパンチのあるフィリピンの調味料、バゴーン(Bagoong)をご紹介です。

バゴーン(Bagoong)とは?
すりつぶした魚や小エビに、塩と魚醤油(フィリピンではパティスと呼びます)を混ぜた塩辛をペースト状にしたものです。フィリピンの方の発音を聞いていると「バグォーン」に近い音のような気がしています。何度も口にしたくなる名前ですね。

売られているバゴーンにもたくさん種類があります。市場で1瓶10ペソ!なんて物もあるようですが、値段や味のクセもいろいろ・・。日本人の口にもおすすめで、パッケージもかわいい!お土産にも持ち帰りやすそうなバゴーンをご紹介です。

こちらは「Barrio Fiesta Bagoong」という商品。ムリエ港を出て正面の「Park Way」というスーパーで75ペソで購入。他のスーパーや商店でも売られているかと思いますので探してみてください! こちらは「Barrio Fiesta Bagoong」という商品。ムリエ港を出て正面の「Park Way」というスーパーで75ペソで購入。他のスーパーや商店でも売られているかと思いますので探してみてください!

フィリピンの会社で作られているので、お土産にも渡しやすいですね。 フィリピンの会社で作られているので、お土産にも渡しやすいですね。

内容量は250g。シュリンプペーストとお店で聞いても伝わりそう。 内容量は250g。シュリンプペーストとお店で聞いても伝わりそう。

中身はこんな感じ。 お味は少し甘みのある塩辛といった感じで、とても食べやすくて美味しいです!感覚的には食べるラー油に近いでしょうか?フィリピン人の方がバゴーンでご飯を搔き込んで食べるのもわかります。 中身はこんな感じ。
お味は少し甘みのある塩辛といった感じで、とても食べやすくて美味しいです!感覚的には食べるラー油に近いでしょうか?フィリピン人の方がバゴーンでご飯を搔き込んで食べるのもわかります。

せっかくフィリピンに来たならこの食べ方も。南国野菜のシンカマスにバゴーンで! せっかくフィリピンに来たならこの食べ方も。南国野菜のシンカマスにバゴーンで!

ありました!プエルトガレラのスーパーマーケットCANDAVAにも。他にもBagoong Spicy・Bagoong Sweetとあります。 ありました!プエルトガレラのスーパーマーケットCANDAVAにも。他にもBagoong Spicy・Bagoong Sweetとあります。

フィリピンでは料理に混ぜたり、そのままご飯にかけて食べたりと日常には欠かせない調味料。この手のクセのあるものは好き嫌いもあると思いますが、この商品は口にしやすいのではと感じます。おそらく、お酒を飲まれる方は好きなはず・・!

自分用にも、旅行のおみやげにもおすすめの一品です!ぜひご賞味を!

プエルトガレラ.comを応援する!

12345 (1 投票, 評価の平均: 5.00)
Loading...Loading...
※この記事がお役に立てたら評価をお願いします。★を選択することで簡単に評価できます。
プエルトガレラ.com

プエルトガレラ.com

プエルトガレラ.comの運営を行っています。フィリピン・プエルトガレラの情報をお届けします。
初めての方もリピーターの方にもお役に立てる旅行情報を発信していきます!

プエルトガレラ.comの記事をピックアップ!
  • 番外編!フィリピンのパラワン諸島・ブスアンガ島/コロンのダイビング旅行情報です。ジュゴンとダイビングも!
  • マニラ国際空港ターミナル3に歩行者用横断歩道ができました!かんたんに空港向かいのニューポートシティに渡れます。
  • プエルトガレラからボラカイへ周遊トラベルが可能に!水上セスナ利用でボラカイへ直行。2017年6月1日スタート!
  • ※プエルトガレラ.comのすべてのコンテンツは、掲載した時点での情報を元に作成しております。 ホテル・お店の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。 また、掲載日以降に予告なく変更する場合もございますので、あらかじめご了承ください。