忘れられない、今でも思い出す。プエルトガレラに長期滞在した僕が、魅力あるこの土地をみなさまにお伝えしていきます!

初めまして。
現在、東伊豆でダイビングインストラクターとして働きながら、フォトグラファーとして活動中の矢北拓也と申します。
20代前半の頃、とにかく海外へ!という勢いと、様々なご縁のおかげでこのミンドロ島プエルトガレラに滞在をしていました。

この度、プエルトガレラ.comのゲストライターとしてこの土地の魅力発信のお手伝いをさせて頂く運びとなりました。

奮闘しました。まあ奮闘しました。

そんな生活を思い返しながら、魅力のつまったこの土地を皆様にお伝え出来るようにと!!!
見た景色、感じた事、食べたもの、笑った事、ツッコミどころを連載的に発信させて頂きます。

投稿は不定期になるとは思いますが、
これからプエルトガレラを訪れる皆様がワクワクするような。
訪れた事のある皆様が、あーまた行きたいなーと思うような。

そんな一瞬のお手伝いをさせてください!!!
よろしくお願い致します☆

トップに来ている写真はサバンビーチにあるABwonderDive正面のハウスリーフからの写真です。
ゆっくりのんびりこのハウスリーフで潜り、水中から顔を上げたときに見えるこの景色が大好きでした。

忘れられない、今でも思い出す。プエルトガレラに長期滞在した僕が、魅力のつまったこの土地をみなさまにお伝えしていきます!
そしてご挨拶がてらもう一枚。
ムリエ港です。

バタンガスからの船はサバン行き、ムリエ行き、ホワイトビーチ行きに分かれています。
僕も大変お世話になったオリエントパールリゾートにお越しの方はこの港、ムリエの景色を必ず目にすると思います。
到着したときの話、このエリアでの思い出なども追々ゆっくりお話しして行きたいと思います。

僕の目で見たプエルトガレラ。

こんな写真達とともにお伝えして行きたいと思います。
ぜひお付き合いくださいませ。

プエルトガレラ.comを応援する!

12345 (9 投票, 評価の平均: 4.56)
Loading...Loading...
※この記事がお役に立てたら評価をお願いします。★を選択することで簡単に評価できます。
矢北 拓也 -Takuya Yakita-

矢北 拓也 -Takuya Yakita-

日本写真専門学校を卒業後、小笠原〜プエルトガレラへ。現在は静岡県東伊豆「城ヶ崎インディーズ」にてインストラクターとして働きながらフォトグラファーとして活動中。「どこかで誰かがほっと一息。」そんな美しい地球と海の写真を生み出していきたいです。

矢北 拓也 -Takuya Yakita-の記事をピックアップ!
  • 世界が広がった。ミンドロ島の先住民族マンギャン族の子供たちとの出逢い。
  • ワイドにマクロにドリフト!はたまたレックやテクニカル!プエルトガレラで様々なダイビングスタイルを楽しもう!
  • まず、見せたい景色。|プエルトガレラでは思わず息をのむほど美しい夕日に出逢えます。
  • ※プエルトガレラ.comのすべてのコンテンツは、掲載した時点での情報を元に作成しております。 ホテル・お店の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。 また、掲載日以降に予告なく変更する場合もございますので、あらかじめご了承ください。