まず、見せたい景色。|プエルトガレラでは思わず息をのむほど美しい夕日に出逢えます。

こんにちは!矢北です!
さて、ご挨拶も済んで第二弾。非常に悩みました。

ひじょーーーに悩みました。
この土地の人、陽気なフィリピン人の話をしようか、ダイビングスタイルや見られる生き物の話をしようか。 はたまた食べ物やお酒、注目のアクティビティやイベントの話をしようか。

色々考えましたが、まずは今回この魅力を伝えたいと思います。

上の写真はオリエントパールリゾート屋上からの景色。雨期の夕立の後は空気もしっとり、最高です。 -Sun set- 夕日の話です。
上の写真はオリエントパールリゾート屋上からの景色。雨期の夕立の後は空気もしっとり、最高です。

色々な所から、色々な表情の夕日が楽しめるこのプエルトガレラ。僕はこの土地で時が止まるような息をのむ夕日に何度も出逢いました。

様々な国の人と、ワイワイ美しい夕焼けをシェアしたい気分のときはやっぱりホワイトビーチ。

様々な国の人と、ワイワイ美しい夕焼けをシェアしたい気分のときはやっぱりホワイトビーチ。 まさに南国リゾート。
ビールを片手に日が落ちるまでゆーーーっくりと流れる時間を楽しむなんて、最高の贅沢です。

ここホワイトビーチではオカマちゃんのショーもやってます。これもまた最高!この場所で僕は今までの人生にないくらいモテました、オカマに。 追々その話もしましょう笑

こっそり一人の時間、誰もいないビーチで全てを忘れるならここ。

まず、見せたい景色。|プエルトガレラでは思わず息をのむほど美しい夕日に出逢えます。 ボケテビーチです。
ここは湾のずいぶん内側になっているので波が立たず湖のような美しいビーチです。「ちくしょー!!!」なんて叫んだ日もありました笑

そして足下にはビーチを彩る、甘い香りのプルメリア。

そして足下にはビーチを彩る甘い香りのプルメリア。 月並みですが「命の洗濯」という言葉がとてもよく似合う。例えば僕が家族や恋人など大切な人に一番に見せたいと思い浮かぶ景色はこんな景色です。

夕焼けひとつとっても、多彩な空の色の移り変わりに毎日感動していました。一日の終わりには是非サンミゲル片手にお出かけしてくださいね☆

と、言うわけで今回は「夕日」についてご紹介させて頂きました。
次回もお楽しみに!!!

プエルトガレラ.comを応援する!

12345 (10 投票, 評価の平均: 5.00)
Loading...
※この記事がお役に立てたら評価をお願いします。★を選択することで簡単に評価できます。
矢北 拓也 -Takuya Yakita-

矢北 拓也 -Takuya Yakita-

日本写真専門学校を卒業後、小笠原〜プエルトガレラへ。現在は静岡県東伊豆「城ヶ崎インディーズ」にてインストラクターとして働きながらフォトグラファーとして活動中。「どこかで誰かがほっと一息。」そんな美しい地球と海の写真を生み出していきたいです。

矢北 拓也 -Takuya Yakita-の記事をピックアップ!
  • 世界が広がった。ミンドロ島の先住民族マンギャン族の子供たちとの出逢い。
  • ワイドにマクロにドリフト!はたまたレックやテクニカル!プエルトガレラで様々なダイビングスタイルを楽しもう!
  • まず、見せたい景色。|プエルトガレラでは思わず息をのむほど美しい夕日に出逢えます。
  • ※プエルトガレラ.comのすべてのコンテンツは、掲載した時点での情報を元に作成しております。 ホテル・お店の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。 また、掲載日以降に予告なく変更する場合もございますので、あらかじめご了承ください。