日本円をたくさん持って行かなくても大丈夫。プエルトガレラの銀行ATMで現金を引き出そう!ALLIED BANK

※2016年2月現在「ALLIED BANK」から「PNB(Philippine National Bank)」へ銀行が変更となっています。この記事とは少し様子が異なりますが、同じ場所に銀行・ATM2台がありますので引き続き活用いただけます。(2016/02/13修正)
海外旅行で気になるのはやっぱりお金の管理!みなさんはどの様に管理されていますか?私はクレジットカード・デビットカード(海外対応)・少しの日本円&ドルキャッシュを持って海外へ出かけることが多いです。

ただ、都市部から離れたリゾート地ではカード決済ができなくて困ることも・・・。フィリピンのプエルトガレラもカード決済できる場所はまだまだ少ないです。旅行で必要な分を全部日本円で大事にしまっておく!というのも怖いですよね。多少の手数料はかかりますが、プエルトガレラにもATMがありますので便利に活用してください!

プエルトガレラのATMはどこ?

2 プエルトガレラ中心部・ムリエ港近くにある「ALLIED SAVINGS BANK(アライド・バンク)」です。ATMは1台しかないので週末に混み合ったり、ATM内のキャッシュがなくなってしまうこともありますが、必要な時にフィリピン・ペソで引き出すことができるので旅行や長期滞在ではとても助かります。
ALLIED SAVINGS BANK(アライド・バンク)の地図
3 プエルトガレラ中心部や、ジープニーで降りた人はこんな景色が見えると思います。

・引き出し最高額は1回10,000ペソまで。
・ATM自体の手数料として200ペソほど銀行へ支払いが発生します。
※キャッシュ切れが時々発生するので、早めの準備をおすすめします。

手数料はかかりますが、海外で現地通貨を引き出せるカードはどこの国でも1枚持っておくとかなり便利です。今はメールやインターネットで決済状況もすぐに確認できるのでおすすめ。日本の各銀行が発行しているカードや、旅行専用カードも多く種類があるので今まで現金オンリーだった方もぜひ検討してみてください。

例えば、審査なしで16歳から作れるのでお子さんの留学にも便利。
詳しく国際キャッシュカードの説明をしているページ
国際キャッシュカード 比較 – 自力で海外一人旅

サバンビーチの入り口にあるMAX BANKにも設置されていますが、残念ながら稼働しているのを見たことがありません。ダイビングショップ内に設置しているところもありますが、ムリエへ足を運ぶついでにアライドバンクへ寄るのが確実です。旅行者にとってもっと便利になることを期待!

プエルトガレラ.comを応援する!

12345 (4 votes, average: 4.75 out of 5)
読み込み中...
※この記事がお役に立てたら評価をお願いします。★を選択することで簡単に評価できます。
プエルトガレラ.com

プエルトガレラ.com

サイトの運営を行っています。フィリピン・プエルトガレラの情報を、はじめての旅行する方も、リピーターの方にもお役に立てる旅行情報を発信していきます!

https://プエルトガレラ.com
プエルトガレラ.comの記事をピックアップ!
  • 24時間営業のリーズナブルで清潔なサウナ&スパ。マニラ深夜着や早朝便の方に!New Lasema Spa Jjimjilbang
  • プエルトガレラへの行き方・エリア・交通手段のまとめ【2019年版】
  • プエルトガレラでもAirbnb(民泊)を活用してみよう!ホテルよりもコスパが良いことも。
  • ※プエルトガレラ.comのすべてのコンテンツは、掲載した時点での情報を元に作成しております。 ホテル・お店の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。 また、掲載日以降に予告なく変更する場合もございますので、あらかじめご了承ください。