プエルトガレラへの行き方・エリア・交通手段のまとめ【2019年版】

2015年2月にスタートしたプエルトガレラ.comですが、当時から行き方や交通手段も少しずつ変化しています。はじめて訪れる方もリピーターの方もチェックして欲しい、最新情報のまとめ記事です。


プエルトガレラへの2つの移動コース

01.バスまたは車(マニラ発)+フェリー(バタンガス発)
マニラ出発後、バタンガス港を経由しフェリーへ乗り換えを行います。

02.水上セスナ(マニラ発の直行便)
マニラ出発後は直接プエルトガレラへ到着します。


マニラからプエルトガレラへの移動手段

いくつか方法があるのでご紹介です。

はじめての方におすすめ「Si-katバス」

「Si-katバス」はマニラ発のバス&フェリーがセットになった添乗員さん付きの移動ツアーです。

コスパ重視の方へおすすめ「公共機関バス」

フィリピンのローカルバスを利用する移動手段です。マニラ市内で公共バスに乗りバタンガス港を目指します。到着したらフェリーへ乗り換えが必要です。

その他、プライベートチャーターの車・タクシー・貸し切りバンなど

・日本やマニラで運営されている、旅行会社催行ツアー・ダイビングツアーなどを利用すると、バタンガス港までプライベート車が付いていることもあります。

・個人手配でマニラ〜バタンガス間の道のりをタクシーと交渉される方もいらっしゃいますね。

・プエルトガレラのホテル・リゾートが追加サービスとして、マニラ空港発のプライベートチャーターを行ってくれる場合もあるので事前に問い合わせするのがおすすめです。

片道30分。スピード重視の方へおすすめ「水上セスナ」

フェリーの乗り換えいらずで、マニラからひとっ飛び。1番早くプエルトガレラへ到着できる移動手段です。

水上セスナ・飛行に関する記事一覧はこちら


バタンガス港でフェリーへ乗り換える

水上セスナを利用しない場合は、バタンガス港を経由しフェリーへ乗り換えが必要となります。事前に支払いを済ませているSi-katツアーやパッケージツアーは不要ですが、ご自身でチケット購入をされる場合は過去の記事を参考にしてください。


プエルトガレラの各エリアについて

◯ムリエ港(Muelle)

バタンガス発フェリーの到着地です。市役所や大型スーパーがあるのはこのエリアです。サバンビーチを目的にプエルトガレラを訪れる方は「ムリエ港行きフェリー」を利用しましょう!日本人女性が経営しているホテル「オリエント・パール・リゾート」があるのはこのエリア。

ムリエ港に関する記事一覧はこちら

◯バラテロ港(Balatero)

バタンガス発フェリーの到着地です。周りに観光スポットやホテルはありませんが、以前に比べて港が整備されました。ホワイトビーチを目的にプエルトガレラを訪れる方は「バラテロ港行きフェリー」を利用しましょう!

ホワイトビーチ(White Beach)

うつくしい白い砂浜が続く、海外からの旅行客も多い人気のスポットです。マリンアクティビティの他、ホテルやレストランが多いのも特徴です。夕日が沈むのを眺めながらリラックスするのもおすすめ。

ホワイトビーチに関する記事一覧はこちら

サバンビーチ(Sabang Beach)

スキューバダイビングやナイトライフを楽しむなら、島の北側に位置するサバンビーチ。ダイビングショップとリゾートホテルがずらりと海沿いに並びます。以前はバタンガス港からの直行フェリーがありましたが2018年から廃止となっているのでご注意を。

サバンビーチに関する記事一覧はこちら

ボケテビーチ(Boquete Beach)

ムリエ港とホワイトビーチの中間に位置するボケテビーチ。マニラからの水上セスナが到着するのはこのビーチとなります。プライベートビーチの様にリゾートがあるだけのエリアですが、じんわり沈んでいく夕日の眺めをぜひ一度。

ボケテビーチに関する記事一覧はこちら

タリパナンビーチ(Talipanan Beach)

プエルトガレラの最西エリアに位置するタリパナンビーチです。賑やかなホワイトビーチ・サバンビーチと異なり、のんびり落ち着けるスポットです。昨年オープンした日本人ホテル「民宿 KCS」や、ラグジュアリーリゾート「インフィニティーリゾート(Infinity Resort)」があるのはこのエリア。また、マンギャン族の様子や滝でトレッキングを楽しむならこの辺りまで足を運びます。

タリパナンビーチに関する記事一覧はこちら

◯アニヌアンビーチ(Aninuan Beach)

プエルトガレラの西エリアに位置するアニヌアンビーチです。タリパナンとほぼ同じエリアです。

アニヌアンビーチに関する記事一覧はこちら

タビナイビーチ(Tabinay Beach)

プエルトガレラの東南エリアに位置するタビナイビーチです。ローカルな雰囲気が漂うこのエリアはリピーターさんにおすすめ。入国管理局のある「カラパンシティ(Calapan)」や「タマラオの滝」方面へ出かける際に通るエリアです。

タビナイビーチに関する記事一覧はこちら


プエルトガレラ島内の移動手段

◯バンカーボート

各ビーチを結ぶ、小さなバンカーボートが運行されています。港でチケットを購入したり、その場で「〇〇まで連れてって」と交渉することも可能です。

◯トライシクル

フィリピンへ旅行へ来たら1度は乗るトライシクル。バイクの右に乗りかごが付いているのが特徴です。3〜4人くらいまで一緒に移動することができます。

◯モーターバイク(ハバルハバル)

ちょこっと移動する際に便利なモーターバイクでの移動。危ないので1人1台で利用し、ヘルメットを被るのを忘れずに!

◯ジープニー

のんびり島を移動したい方におすすめの乗り合いジープニー。ムリエ港〜サバンビーチで利用する人が多いです。

◯レンタルバイク

1日単位でレンタルバイクを借りて自由に島を回るのもおすすめ。各ビーチにバイク屋があります。

◯レンタカー

日本の様なレンタカーサービスはありませんが、リゾートやホテルにてプライベートチャーターができる場合も。ジープニー貸し切りなんてケースもありますよ。

サバンのレンタカーサービス例
https://www.puertogalera.org/car-rental-with-driver


以上、プエルトガレラに関する移動手段やこれまでのまとめでした!

特にバタンガス港におけるフェリーのタイムスケジュールは変更も多く、現地で困った経験のある旅行者さんも多いです。できるだけ早くお伝えできる様にサイト更新をしていくので、これからもプエルトガレラ.comをよろしくお願いいたします!

プエルトガレラ.comを応援する!

12345 (3 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...
※この記事がお役に立てたら評価をお願いします。★を選択することで簡単に評価できます。
プエルトガレラ.com

プエルトガレラ.com

サイトの運営を行っています。フィリピン・プエルトガレラの情報を、はじめての旅行する方も、リピーターの方にもお役に立てる旅行情報を発信していきます!

https://プエルトガレラ.com
プエルトガレラ.comの記事をピックアップ!
  • 24時間営業のリーズナブルで清潔なサウナ&スパ。マニラ深夜着や早朝便の方に!New Lasema Spa Jjimjilbang
  • プエルトガレラへの行き方・エリア・交通手段のまとめ【2019年版】
  • プエルトガレラでもAirbnb(民泊)を活用してみよう!ホテルよりもコスパが良いことも。
  • ※プエルトガレラ.comのすべてのコンテンツは、掲載した時点での情報を元に作成しております。 ホテル・お店の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。 また、掲載日以降に予告なく変更する場合もございますので、あらかじめご了承ください。